オーガニック通販ナビ - カラダと環境に優しいもの選びTOP > コットン製品ついて > コットンについて

コットンについて

 

あなたは、オーガニックコットンについて何を知っていますか?

 

オーガニックコットンとは、有機栽培綿を意味しています。

詳しく言うと、3年間農薬や化学合成肥料などを使用せずにつくられた農地で、農薬や化学肥料も使うことなく生産された綿花を意味しています。

 

このオーガニックコットンを栽培する上では、農薬や肥料について厳格に基準が設定されていて、認定機関による実地検査も行われているんですよ。

 

その綿花の製造工程については、紡績から織布、そしてニット、染色加工をして縫製する手順になっています。

 

そして、最終的にオーガニックコットンの製品として出来上がります。

 

こんな綿花の製造工程において、化学薬品などの環境負荷因子を最小限にして作られたものが、オーガニックコットンなんですね。

 

一般的な綿花の製造工程においては、たくさんの化学薬品を使用しています。

 

コットンの種の部分に防腐剤をかけたり、栽培中は除草剤を使ったり、害虫から守るために農薬や化学肥料も使ったりしています。

 

刈り取りの時も、そのまま刈り取ると葉や茎に残っている葉緑素が染み出して綿にシミがついてしまうので、綿花のランクが下がってしまいます。

 

よって、それを防ぐために刈り取りの前に枯葉剤を空中散布しているんですよ。

 

こうして、葉や茎を枯らすことによって葉緑素を出させないようにしています。

 

綿を刈り取った後も、糸切れしないように化学糊を使っています。

 

その他にも、化学染料や防縮加工剤や柔軟仕上げ剤などを使います。

 

しかし、オーガニックコットンの場合には、有機肥料を使って栽培しているんですよ。

 

除草剤は使用せずに、人の手で雑草を取っていきます。

 

害虫駆除も人の手によって行ないます。

 

刈り取りについては通常8月頃なんですが、葉や茎が自然に枯れるのを待つので、11月頃に行っているんですよ。

 

糸切れを防ぐためには、紡績は機械の速さを通常スピードの半分にしてから行います。

 

化学薬剤は一切使用せずに、小麦粉や蜜ろう、菜種油などを代わりに使っています。

 

このようにして、植物本来の成長する力を利用して、さらに人の手を使って大切に育てられています。

 

そのため、とても環境に優しくて、人の肌にも優しい製品に出来上がっているんですね。

 

コットン製品ついて記事一覧

コットンについて

あなたは、オーガニックコットンについて何を知っていますか?オーガニックコットンとは、有機栽培綿を意味しています。詳しく言うと、3年間農薬や化学合成肥料などを使用せず...

エコテックスについて

あなたは、エコテックスを知っていますか?きちんとした認証機関が、オーガニックコットンには設置されています。それが「エコテックス」と呼ばれるものです。このエコ...

タオルの使い心地とは?

あなたは、オーガニックタオルを使ったことはないですか?テレビ番組の「魔女達の22時」で紹介されてから、一気に人気に火がついたのが「オーガニックタオル」です。いまや、...

コットンデニムについて

あなたは、オーガニックコットンデニムを履いた事はないですか?エコ素材であるオーガニックコットンを使ったアイテムに、デニムを開発したものがあるんですよ。通販大手の「ニ...

ベビー服について

あなたは、赤ちゃんには肌に良い物を着せたいと思っていませんか?ベビー服にも、オーガニックコットンを使ったものが沢山あるんですよ。オーガニックコットンで作られたタオル...

日焼け止めについて@

あなたは、どこのメーカーの日焼け止めを使っていますか?日焼け止めにも、オーガニックのものがあるのを知っていますか?自然派志向によって、最近ではとても人気があるのがオ...

日焼け止めについてA

あなたは、日焼け止めにもオーガニックのものがあるのを知っていますか?ロゴナから発売されている「サンプロテクトローションUV」には、SPF30もありますね。こちらも、...