オーガニック通販ナビ - カラダと環境に優しいもの選びTOP > オーガニック認定とは? > 認定機関@

認定機関@

 

あなたは、オーガニック認定について何か知っていることはありますか?

 

オーガニック認定=きちんと植物を使って有機栽培で作られた製品の証明をするためのものです。

このオーガニック認定の基準は、世界各国、各団体により異なります。

 

オーガニックコスメについていえば、オーガニックコスメであると認証する機関は、世界各国に存在しています。

 

ですから、国として認定機関を設置しているところもあれば、民間で設置されているところもあるというわけです。

 

ですが、それぞれ認定機関には厳しい審査基準が決められています。

 

この基準をクリアしたブランドや製品だけが、オーガニック認定を受けられるんですね。

 

そこで、いくつか認定機関をご紹介しましょう。

 

2000年に、ドイツで自然化粧品のための認定ガイドラインが作られたのが「BDIH認証」です。

 

世界の19メーカーが集まり、新しい自然化粧品のためのガイドラインを設けました。

 

アドバイザーとして、BDIHが勤めたためにこの名がついたんですね。

 

BDIHとは、ドイツの化粧品医薬品商工業の企業連盟の名前になります。

 

自然派だと訴える商品が増えたので、オーガニック製品であることを明白にしようと設置したのが始まりです。

 

認定基準については以下の通りです。

 

・可能な範囲で有機栽培や野生の植物から原料を抽出して使うこと。
・野生の植物採取の場合、生態系を傷つけないようにすること。
・人間に対して、毒性のないものであることを厳重に確認すること。
・動物実験は行わないこと。
・乳化剤、界面活性剤については、植物由来のものを物理的に加工して採取すること。
・合成香料、合成色素、シリコンやパラフィン、石油製品などは使わないこと。
・天然の防腐剤で製品の腐敗を防ぐこと。
・正しい表示をすること。
・リサイクルできる環境に優しい容器を使うこと・

 

以上の基準があり、ご覧の通り認定基準は本当にたくさんあるんですよ。

 

オーガニック認定とは?記事一覧

認定について

あなたは、オーガニックの認定をご存知ですか?オーガニックには、自称でオーガニックと名乗っているだけのものと、きちんとした第三機関が認定をしたオーガニックの2つがあることを知...

認定機関@

あなたは、オーガニック認定について何か知っていることはありますか?オーガニック認定=きちんと植物を使って有機栽培で作られた製品の証明をするためのものです。このオーガ...

認定機関A

あなたは、「ソイル・アソシエーション」という認定機関について、聞いたことはないですか?認定機関の2つ目は「ソイル・アソシエーション」についてご紹介しますね。こちらは...

認定機関B

あなたは、「エコサート」について何か知っていることはありますか?エコサーとは、フランスにある国際有機認定機関で、オーガニック認証団体として世界基準とされている所です。 ...

デメターについて

あなたは、「デメター」という団体について何かご存知ですか?「デメター」は、ドイツにあるオーガニック農産物やオーガニック食品の連盟団体です。ドイツのベルリンで1924...