オーガニック通販ナビ - カラダと環境に優しいもの選びTOP > オーガニック認定とは? > 認定について

認定について

 

あなたは、オーガニックの認定をご存知ですか?

 

オーガニックには、自称でオーガニックと名乗っているだけのものと、きちんとした第三機関が認定をしたオーガニックの2つがあることを知っていますか?

この2つは、とても大きく違うんです。

 

現実として、市場にはオーガニックと表示してある商品がたくさん存在していますよね。

 

しかし、この中には自称オーガニックの商品もたくさん存在しているのが確かです。

 

その自称の場合には、定められた有機基準を満たしていない栽培を行っていたり、農薬を使っていても無農薬と表示していたりするものまであり、また本当に無農薬で生産されていても、保管している間や搬送している間に何らかの影響があり汚染されている可能性もあるので、注意が必要になります。

 

このようにして、自称のオーガニックでは、きちんとその製品の安全性や正真正銘のオーガニックを証明することができていません。

 

反対に、第三機関が認めているオーガニックの場合には、国際的基準が設けられていて、それに準じて日本でも有機JAS規格というものを元に厳しい事前調査が行われています。

 

この調査で認証されたものだけが、製品に正しくオーガニックと表示することが許されているという訳です。

 

実際に、日本国内で「オーガニック」「有機」というような表示を商品に表記する時には、有機JASの認定が必要になります。

 

その有機JASの認定は、農林水産省が定めています。

 

さらには、オーガニック製品として日本国内で販売する為には、この第三機関の証明が必要になります。

 

ちなみに有機JAS認定についての格付けは、農林水産省が許可した認定業者が行っています。

 

海外の場合には、海外にまた別の認定機関があるので、そちらの証明が必要となります。

 

オーガニック認定とは?記事一覧

認定について

あなたは、オーガニックの認定をご存知ですか?オーガニックには、自称でオーガニックと名乗っているだけのものと、きちんとした第三機関が認定をしたオーガニックの2つがあることを知...

認定機関@

あなたは、オーガニック認定について何か知っていることはありますか?オーガニック認定=きちんと植物を使って有機栽培で作られた製品の証明をするためのものです。このオーガ...

認定機関A

あなたは、「ソイル・アソシエーション」という認定機関について、聞いたことはないですか?認定機関の2つ目は「ソイル・アソシエーション」についてご紹介しますね。こちらは...

認定機関B

あなたは、「エコサート」について何か知っていることはありますか?エコサーとは、フランスにある国際有機認定機関で、オーガニック認証団体として世界基準とされている所です。 ...

デメターについて

あなたは、「デメター」という団体について何かご存知ですか?「デメター」は、ドイツにあるオーガニック農産物やオーガニック食品の連盟団体です。ドイツのベルリンで1924...